2020年1月1日水曜日

晩派威夜

その昔、愛媛県には晩派威夜という暴走族があった。
それは、暴走族と聞いて思うモノ、そのまんまだったりするけど、どうやら、クルマも多く、しかもアメ車も数台いたという。

ネットも携帯も無い時代に、未成年が、どーやってアメ車を手に入れたのか。
その時点で、カッコイイんだけど、その当時の話を2019年末にスー兄本人にいろいろ聞いた。

今から40年以上前、晩派威夜は、伊予三島市で誕生した。
当時10人と少しくらいの人数のチーム
スー兄は高校2年(17歳時)に入った

その後、三島や東予市など、東予地区がメインだが、宇和島、高知にも支部があった。
トゥナイトっていうTV番組が愛媛のどっかの廃墟を取材したときに、晩派威夜のラクガキが映ったという(笑)

その後、スー兄が23才~24才くらいの時には晩派威夜は自然消滅。

スー兄は根っからのクルマ好きで、いっぱいチームを作ってる。
23才くらいの時に、アメ車のチームで
【V8デッドヒート】
10人未満

1982年頃に、
【THE KIDS】
360ccのチーム
3人

そして、近年復活した、
【鉄乃蝗】
これは、スー兄が20才くらいの時に、ノストラダムスの大予言(五島 勉)


これの中に出てきた言葉らしい。
今回、この本が見つかったと言ってもってきてもらったが、
まさか、この本に(鉄の蝗)という言葉は無いという事実が明らかになったww

しかし、スー兄はこの本を見て、【鉄乃蝗】を思いついたことには間違いないというのだから、それはそれで良い。

昔のチームはちゃんとしている
なので、僕らもちゃんとしようと思う

フラフラいろんなところに興味本位で行くのも良いけど、芯が無い奴は結果的に言うと、なんでもない人のまま終わる。









買える商品
http://lli.thebase.in/

2019年12月30日月曜日

36

2019年は、ついに36FORDがうちにきたし、
厄年やし
すらーっと過ぎて、ついに30日か

クルマについて、ウンチクを語れるほど詳しくはないけど、俺のカッコイイと思う人が36に乗ってるし、なんだかんだ言って、俺はアメ車一択なんだなと気付いた2019年でもありました。

モノでもヒトでもできるだけ良いところを探して付き合って行った方が良いとは思うけど、好きなものは好き、嫌いなものはきらいっていうのは心のどこかに常にあるよね。

認めれるものと、認めれないもの

36Fordをカスタムして乗る人は、カッコイイ人でないといけないと思うのよ。
ただの金持ちとか、どっから出てきたの?君は
みたいな人が乗ってても魅力を感じない。
そーいう人はF~リとか、ラン~ニとかに乗ってイキっててほしい。

だって、あのマイクネス氏も36だよ

あれ見て、俺も乗ってやろ!なんて思うなら、それなりの人になるようにがんばらないといけないと思ってる。

32とかならストリードロッドよろしく金持ちとかも似合いそーだけど、
36に関しては、あくまでも個人的な意見だけど、厳しめで考えてる。

これわかるかなー

わかる人いたら、じっくり話したいわ。

自分で勝手にハードルあげてるけど、それくらい思いの詰まったクルマなんだよね。

免許取って間もない俺は、アメ車にあこがれ、手が届かないし、周りの人らも乗ってたという理由で、カルマンギアを手に入れ、成人式過ぎた頃までは乗ってた。
その合間に、C-1500も手に入れたけど俺の中での❝アメ車❞とは違うクルマだった
当時、cruisin’という雑誌が出版され、その中の車を見て興奮してた。

その後、いろいろあって、25歳くらいで、55’キャデを手に入れ、初めてcruisin'に掲載されたときは、一つ夢が叶ったとさらに興奮した。都内で乗ってたので、駐車場がなく、環七のドンキの駐車場を借りてたのが懐かしい。

その後、28歳で高山さんから、デュースを譲ってもらい、カスタムしながら、都内でガンガン乗り回す日々、そのデュースもcruisin'に掲載して頂いた。

その後、愛媛に帰って52キャデラックを手に入れるも、少し乗って売却。
財力尽きるとともに、次々と売却。

アメ車は俺のところに無くなった。。。

そんな苦しい中、36歳の時、36の話が来る。
それに飛びつく、そして今。

というストーリー

ボロボロの36は今の自身を見てるようで、これからが楽しみだ。

普通の人がみたら、鉄くずだねー






















買える商品
http://lli.thebase.in/

2019年12月6日金曜日

愛媛でまともに会話できる数少ない人

知り合ってからは、結構長いのですが、新居になってから一度も行ったことなかったので、さっきお邪魔してきました。
はっきり言って、俺の知る中ではかなりレベルの高いプライベートビルダー。
カスタムや文化や、いろいろお話の合うし、口だけでなく、ちゃんとやってる人です。
やっぱ、久々に会っても盛り上がるわ。
フルレストアと言っても過言ではないメニューをやってる途中のエコノ
もちろんオリジナル状態に戻す為ではなく、カスタムの為のボディーワーク。
彼もオリジナル懐古主義ではなく、カスタム派なので話が弾む



情熱と気の長さと集中力とセンスがないとできんなー

環境はバッチリなので、あとはやるだけって感じかな。いいなぁ







4速のラビット。レア。エンジンビカビカ。ピストンからなんから全部自分でOH済み







はっきり言って、カスタムビルダーになった方がいいっすね。
と、エコノラインが完成した時にも言いたいと思いますw

俺もやる気が出ました。また行きます。

買える商品
http://lli.thebase.in/

2019年12月5日木曜日

想い出の横浜HRCS2019←2003






























今年の写真ではないよ。2003年
なぜ、2003年かというと、今年は、いちばん上の画像の’51marcを当時会場に乗り付けてきたお友達(女性)と超久しぶりに会った。
てか、2003年の写真はまだまだある
昔は、会場前に路駐してても特にお咎めなしだったなー
俺も過去、’55cadyでも行ったし、’32FORDでも行った。
って思い出してたわ。

継続は力なりは本当ですね。この先もずっと続けてほしいです。
今年の個人的に好きな車両の画像









今年は0泊3日の車で強行。
往復約1800km

気絶の連続で、なんとか今年も無事でした。

さて、年内には、俺の最愛の車も来る予定なので、セコセコがんばりまっす。







買える商品
http://lli.thebase.in/

2019年11月4日月曜日

CxTxM vest

フーディーベスト
以前のオーバーオールとのセットアップが◎

実際手に取ってみればわかる質感と細部に至るまでのカッコ良さの追求というか拘りというか。
生地からオリジナルで作ってるとのことで、それを身にまとう歓びを感じております。ありがとうございます。





それと、バイクをチロっとカスタム
わかりにくいカスタムだけど、ポジションが変わって気分転換に。








買える商品
http://lli.thebase.in/